調理の際に欠かせない便利なビニール袋

katei

料理でビニール袋を利用するようになったら、格段に楽になりました。

例えば、ハンバーグのこねる作業の際に利用すると便利です。

ひき肉や卵、塩、こしょうなどの材料をすべてビニール袋に入れてこねます。

それにより、手は全く汚れませんし、何か容器を使う必要もありませんので、それを洗う手間も省けます。

ビニール袋を使う前は、こねている作業中、他のことが全くできなくなりますが、ビニール袋に入れてこねると、
その合間にもフライパンに油をひいたりするなどの作業をはさむことができます。

また、ビニール袋を使えば、指に傷があったとしても気にすることなくハンバーグを作ることができますし、手に直接肉が触れることがないので衛生的でもあります。

他に、からあげやフライなどの小麦粉をまぶす作業にもビニール袋は大活躍します。

袋に小麦粉や片栗粉を入れて、肉などを入れて揉んだり振ったりするだけで、簡単にまんべんなくまぶすことができます。

またこの方法だと、意外にも粉の量が少なくて済みます。

材料を無駄なく使えて手も汚れません。

さらに、ビニール袋に手を入れて、手が汚れないよう手袋代わりに使うこともあります。

特に、手に臭いがつきやすいものなどを扱う時など便利です。