風邪をひいたときはストレッチをやると治りが早い

strech

私は良く風邪を引く体質でその度に病院の薬を飲んで、それでも一週間は治りません。

 

その事を病院の先生に聞いてみると風邪を引いた時ににはストレッチをするといいと聞きました。

 

 

何でですか、と私が聞くと先生が風邪を引くと身体が健康の時より硬くなっていると言うのです。

 

私は実際に風邪を引いたときにストレッチをしてみたのですが確かに凝っていました。

 

この身体の柔らかさは、身体の体調、健康と重要な関係があるのです。

 

このストレッチするときは息を吐きながら丁寧にゆっくりとやる事が大切です。

 

ちょうど自分が一番気持ちいいというところで止めて。

それを継続することが大切です。

 

身体が固いという事は身体の血流が良くないという事です。

 

 

身体が柔らかければ柔らかいほど冷えもなく冷え性対策としても効くということなのです。

その事を聞いて私は風邪を引いたときには必ずストレッチをすることにしています。

 

ストレッチをすることで風邪の治りがしないときより良いような気がします。

 

 
病院の先生が言ってたので信憑性も高いと思います。

何より自分で確かめて効果があるのは実感しているので、ほぼ間違いないと言えるでしょう。

曲がらないところがあれば、曲がる方だけでいいんです。

 

風邪を引きやすいまたは、冷え症の方はストレッチをやることを試して下さい。